製造日記

手造り焼酎 明治蔵(花渡川蒸溜所)

今回の製造日記は手造り焼酎についてです。

手造り焼酎とは、麹造に最適な温度と湿度を自然換気による空調のみで整え、諸蓋(木製のトレイ)を使い手入れ撹拌による麹で造る熟練職人による焼酎です。

鹿児島大学農学部には “焼酎学講座“があり、未来の焼酎文化や発酵食品産業等を牽引できる人材を育成しています。今日はこの学生さん達が明治蔵に研修に来られました。当講座卒の職人に手ほどきを受けながら麹つくりを体験しましたが、実務になると気を抜けない管理が必要で、造りの奥深さを実感された様子でした。

明治蔵では手造りの焼酎を多数販売しており、通販サイトで購入できるものもあります。

蔵限定販売している希少な製品もございますので、ぜひ明治蔵にお越しください。
 

手造り明治蔵黄金千貫25度720ml


手造り明治蔵ムラサキイモ25度720ml

一壺酒製造(ベニアズマ) 花渡川蒸溜所 2018-05-30 15:44:27

今回の製造日記は一壺酒についてです。 この一壺酒は、毎月花渡川蒸溜所でさつま芋の種類を変え、仕込カメ一壺分だけの限定仕込焼酎です。今回はベニアズマという芋で焼酎をつくりました。 ベニアズマ

生産者勉強会 明治蔵 2018-03-15 14:28:19

生産者勉強会 明治蔵 今回の製造日記は生産者勉強会についてです。 生産者勉強会とは、いつも良質な芋を育てていただいている生産者の方と、気候や肥料、害虫、芋の病気などについて勉強する会のことです。参加

平成29年度鹿児島県本格焼酎鑑評会 2018-02-27 15:22:25

鹿児島県本格焼酎鑑評会が城山観光ホテルにて開催されました。 これは本格的な焼酎の品質を評価する会のことです。県内の延べ133の焼酎蔵から230点の焼酎が出品され、鹿児島県を代表するに相応しい11

生まれたて原酒をチェックする蒸溜所きき酒 2018-01-30 11:26:34

白波の蒸溜所では、原酒段階の焼酎を全てその香りを確かめ、口に含んで酒質を検査しています。 きき酒は経験を積んだ社員の中から選ばれた官能検査員によって焼酎の香味や口当たりを確認する作業で、原酒の特

手造り麹 明治蔵 2017-12-21 13:30:58

今回の製造日記は手造り麹についてです。 焼酎の味や香りと大きく関係する麹、明治蔵では人の手で丁寧に造っています。 はじめに、米蒸桶で米を蒸し、その蒸したての米を放冷台に広げ冷まします。米は湯気