製造日記

一壺酒製造(ベニアズマ) 花渡川蒸溜所

今回の製造日記は一壺酒についてです。

この一壺酒は、毎月花渡川蒸溜所でさつま芋の種類を変え、仕込カメ一壺分だけの限定仕込焼酎です。今回はベニアズマという芋で焼酎をつくりました。

ベニアズマは、農林水産省で皮色・形状にすぐれた「関東85号」と焼酎製造によく使われる「コガネセンガン」を交配育成したもので、昭和59年に命名登録されました。命名の由来は、皮の色が濃赤紫で鮮やかであることと、関東地域に広く適応することが期待されるので「ベニアズマ」と命名されたようです1


写真の左側は500ℓのカメの中で発酵したもろみです。このもろみを写真の右側の蒸留機で蒸留して焼酎原酒ができます。できた焼酎は貯蔵カメの中で1カ月ほど寝かし、新酒ならではの美味しさを皆様に味わっていただける商品となります。

一壺酒は明治蔵でしかお買い求め頂けませんので、明治蔵にいらした際にはぜひご賞味ください。

 

1)農林水産省ホームページ参照

http://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0310/02.html





 

生産者勉強会 明治蔵 2018-03-15 14:28:19

生産者勉強会 明治蔵 今回の製造日記は生産者勉強会についてです。 生産者勉強会とは、いつも良質な芋を育てていただいている生産者の方と、気候や肥料、害虫、芋の病気などについて勉強する会のことです。参加

平成29年度鹿児島県本格焼酎鑑評会 2018-02-27 15:22:25

鹿児島県本格焼酎鑑評会が城山観光ホテルにて開催されました。 これは本格的な焼酎の品質を評価する会のことです。県内の延べ133の焼酎蔵から230点の焼酎が出品され、鹿児島県を代表するに相応しい11

生まれたて原酒をチェックする蒸溜所きき酒 2018-01-30 11:26:34

白波の蒸溜所では、原酒段階の焼酎を全てその香りを確かめ、口に含んで酒質を検査しています。 きき酒は経験を積んだ社員の中から選ばれた官能検査員によって焼酎の香味や口当たりを確認する作業で、原酒の特

手造り麹 明治蔵 2017-12-21 13:30:58

今回の製造日記は手造り麹についてです。 焼酎の味や香りと大きく関係する麹、明治蔵では人の手で丁寧に造っています。 はじめに、米蒸桶で米を蒸し、その蒸したての米を放冷台に広げ冷まします。米は湯気

一壷酒・シルクスイート 明治蔵 2017-11-14 17:17:59

今回の製造日記は一壷酒についてです。一壷酒とは希少な品種の芋を月替わりで使用した、手造り・できたての新酒です。毎月300本の限定で製造・販売しており、11月はシルクスイートの一壷酒です。シルクスイート