製造日記

今日は花渡川蒸溜所で「明治の正中」のどんぶり仕込みが行われました。

火入式から2カ月ほどたち今年の新酒がぞくぞくとできています。
 
今日は花渡川蒸溜所で「明治の正中」のどんぶり仕込みが行われました。
 
この仕込みは明治時代中頃まで行われていた仕込みで、麹とさつまいもを一緒に仕込みます。
 
私も櫂入れをさせてもらいましたが、さつまいもの投入量が増すにつれ、もろみの粘度が高くなるため、櫂入れを行うのが大変です。
 
改めて昔ながらの仕込みの大変さを実感しました。

製造部製造課 下田翔仁

① まず麹と水を入れて  


② さつまいもを投入 
 

③ 良く混ぜて行く 
 

④ 仕込み作業風景 
 
 

 

 

 
 
  

2020年8月7日(金曜日)に今年度のさつまいも掘り取り調査を行いました 2020-08-18 08:23:37

長梅雨の影響で、昨年よりやや小ぶりでしたが、これからの真夏の陽光で収穫までには昨年度と同程度の収量と品質が期待できます。 また、この日は開聞岳の近くにある、前田利右衛門を祀っている徳光神社に詣で、おい